mori-sanpo

アクセスカウンタ

zoom RSS タカサゴユリと蝉の抜け殻ほか

<<   作成日時 : 2017/08/13 08:31   >>

ナイス ブログ気持玉 76 / トラックバック 0 / コメント 14

 国府台の木内ギャラリーから真間山弘法寺を経由して、芳澤ガーデンギャラリーに立ち寄り須和田公園の周辺を花散歩しました。

 須和田公園では驚いたことに、一輪だけ咲いていたタカサゴユリに近づくと、白い花びらに蝉の抜け殻がくっ付いていました。バックのケヤキの大木ではなく、わざわざ咲いたばかりのタカサゴユリの花びらで脱皮するとは、風流な蝉だなと思いました。
 郭沫若記念館では今時珍しくガクアジサイのスミダノハナビが咲いており、芳澤ガーデンギャラリーの庭園の奥ではマルバハギがきれいに咲いていました。
 また、近くの花壇ではラベンダーセージが咲いていました。



 タカサゴユリと蝉の抜け殻
画像



画像



 スミダノハナビ
画像



 マルバハギ
画像



 ラベンダーセージ
画像

              LUMIX DMC G2 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm 1:2.8






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 76
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
「高砂百合に蝉の抜け殻」風流で良いですね、この花のどの段階で止まったのだろうと、いろいろは場面想像させられます、こんなの見つけると嬉しいですね。
bunko
2017/08/13 10:58
bunkoさん
 コメントありがとうございます。
 この蝉の抜け殻、花自体はまだ新鮮ですが花粉が異常に飛び散っていますので、早朝に茎をよじ登ってきて花が全開する前にたどりついたような気がします。
 めったに見られない光景でした。 
mori-sanpo
2017/08/13 14:44
これは面白い。タカサゴユリも迷惑なことで。蝉もまさか頭の植えにタカサゴユリが植えられたとは思わなかったんでしょうね。
長さん
2017/08/13 14:46
長さん
 コメントありがとうございます。
 最初に見かけました時は、まさかタカサゴユリの花に掴まって蝉の抜け殻があるとは信じられないことでした。
 開花の途中なのか、開花後なのか分かりませんが、絶妙のタイミングだったと思います。
 
mori-sanpo
2017/08/13 19:20
こんにちは

この蝉は
ここを選んで
羽化したんですね
えらい!!
無門
2017/08/13 19:34
無門さん
 コメントありがとうございます。
 この蝉の抜け殻、タカサゴユリの茎を這いあがって、開花し立ての花の中で羽化していました。
 めったにないことです。
mori-sanpo
2017/08/13 19:47
凄いですねー。そんなことあるんですね。タカサゴ百合だってそんなに長く開花している訳ではないので、まさに絶妙のタイミングですね。
イッシー
2017/08/13 22:43
お早うございます
どうやって羽化したのか
かんがえちゃいますね〜^^
すーちん
2017/08/14 07:40
イッシーさん
 コメントありがとうございます。
 蝉も、地上に出て羽化のために登った先がタカサゴユリの花だったとは、驚きだったでしょうね。
 めったに見られない羽化の場所でした。
mori-sanpo
2017/08/14 08:53
すーちんさん
 コメントありがとうございます。
 どうやってこの花にたどり着いたのか、羽化の時には花は全開していたのかなど、その時のタイミングなどがいろいろ考えてしまいました。
mori-sanpo
2017/08/14 08:57
こんにちは。
中々面白いですね。
高砂ユリの花とは、セミも知ってか知らずか考えてしまいますね。
花が開いてから羽化したとするとこの背景はどんな風に見える?んでしょうか・・・。
ロシアンブルー
2017/08/14 12:05
こんにちは!
面白い姿ですね。
まるでお花の中を覗いているみたいですが、ここに掴まった時はまだ蕾だったのでしょうか。
咲いてから飛び立ったのなら、なお良かった〜☆
うふふ
2017/08/14 14:54
ロシアンブルーさん
 コメントありがとうございます。
 地中から這い出したときは、おそらく視力はそんなになかったような気がします。
 羽化した時の背景は天国のように綺麗に見えたでしょうね。
mori-sanpo
2017/08/14 15:16
うふふさん
 コメントありがとうございます。
 おそらく地上に出た時には花は、まだ咲いていなかったのではないかと思います。
 この白い花に掴まった時が、開花の瞬間だと思いたくなります。
 羽化と併せて花も開花したとすれば、絶妙のタイミングですね。
mori-sanpo
2017/08/14 15:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
タカサゴユリと蝉の抜け殻ほか mori-sanpo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる